花粉症 舌下免疫療法 効果と期間 実際にシダキュアを服用した改善結果 特記

この記事をシェア

3月20日(金) テレビの花粉情報でも杉花粉のピークは過ぎ、3月下旬から4月中旬にかけてヒノキ花粉の飛散が始まると言っていました。

スギ花粉の飛散が終わりますが、シダキュアによる舌下免疫療法を行って約3か月で迎えた花粉症シーズンを特記として記録します。

今年の花粉の飛散は例年に比べて飛び始めが早く飛散量も少なかったようです。
そんな状況もありますが、わたしは前年や今までのような花粉症の症状は無くとても快適な状態を維持したままで2月・3月を終えようとしています。
全く、花粉を気にすることなく過ごしています。

毎日シダキュア1錠を舌下で溶かし1分程度したら飲み込んでいただけです。
約3か月間続けただけで今年の花粉症の症状はありません。
朝起きた時に少し目の違和感があった日は2日ほどありましたが、苦になるものではありませんでした。
鼻水は全く出ることなく、クシャミもほぼすることが無かったです。
目の痒みやクシャミ・鼻水の症状が無いので対処療法で服用していたアレグラも使用しないで済みました。
すごい効果です。

わたしの花粉症の記録と舌下免疫療法の記録はここから始まります。

 

 

実際に自分で舌下免疫療法を行って、たった3が月でこれほどの効果があったことに驚いています。
自分自身が体験したことで、花粉症で大変な思いをされている人に舌下免疫療法を進めたいと思います。


実際にわたしが舌下免疫療法を行って感じたこと

舌下免疫療法で服用する薬・シダキュアは、1センチほどの錠剤で舌下に入れると唾液だけですぐに溶けてしまいますから水などは必要なく何時でも何処でも服用できます。

シダキュアはほんのり甘く、苦みや臭いもないのでとても服用しやすい薬です。

シダキュアは1センチほどの錠剤で常温保管ができ、持ち運びも出来ますから取り扱いが楽です。

服用に決められた時間は特になく、1日(24時間)の間に必ず1錠を舌下で溶かして飲み込むだけです。

特に副作用も起こらず体への負担もありません。(わたしの場合です。個人差がありますから注意してください。)

毎月病院で診察を受けて薬を処方してもらい診察料と薬で約2500円/月の費用です。
3年間(36か月)続けますから合計9万円程度になります。
わたしは40年以上花粉症で苦しんできましたから3年間の治療を長く感じません。
むしろたった3年で治るのなら十分に続けることができる期間だと思っています。
毎年、花粉症に苦しんで対処療法の薬をドラッグストアで購入したり、病院で診察を受けて薬を処方してもらうことを考えれば、舌下免疫療法の治療費合計9万円程度で、月に約2500円なら金銭的な負担も少ないと思っています。


なにより3か月で驚くほどの効果を実際に体験しましたから、花粉症で苦しんでいる人は絶対に試してみる治療だと思います。
こんなに楽な花粉シーズンを過ごしたことは43年ぶりの事です。
毎日、普段と変わらない生活をしていますから全く花粉を気にしないで過ごす事が出来ています。

花粉シーズンが終わった6月頃に舌下免疫療法を行っている病院で相談してみてください。
先ずは始めることから。
やってみないと効果がわかりません。

わたしも始めはあまり期待していませんでした。
だから、最短の治療で効果がわかる11月に舌下免疫療法を始めました。
最短の3か月でも、わたしは効果を実感する事が出来ました。

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください