昆虫標本の作り方7 折れた足の補修方法

この記事をシェア

軟化や展足の作業中にに足や触角が折れてしまったり取れてしまったら、足や触角は無くさないように大切にとっておいてください。
また、完成した標本の取り扱い時に折れてしまったり取れた場合も同様です。
無くしてしまうと補修ができません。

準備するものは、接着剤、ピンセット、展足板、マチ針です。準備ができたら始めましょう。

足や触角のとれた標本を展足板に固定します。

折れてしまったり取れてしまった部分に接着剤を少量つけます。
指では取り扱いにくい場合はピンセットを使用してください。
接着剤は木工用ボンドやゼリータイプの瞬間接着剤が使いやすいです。

 

展足板に固定した標本の元の場所に上手く取り付けます。

接着剤が固まるまではマチ針で位置を調節して固定します。

接着剤が固まったらマチ針を取って補修完成です。

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください