検索エンジンとは何なのか? SEO対策は本当に効果があるのか? 

SEO対策は何故行うのか・・・。

SEO(Search Engine Optimization)とは 検索エンジン最適化の事です。
SEO対策を行うのは、検索エンジンに自分のサイトや記事をより探しやすくしてもらうのが目的です。
SEO対策によって、特定のキーワード(クエリ)で検索した検索結果で自分のサイトの記事が上位に表示されるようにし成果の向上を図ります。

検索エンジンとはどのようなものなのか?

検索エンジンとは、インターネット内のウェブページ、ウェブサイト、画像ファイル、ネットニュースなどの情報を検索する機能およびそのプログラムです。
検索機能と様々なサービスが加わったポータルサイト化が進みインターネットに限定せず情報を検索するシステムがあります。
検索サイトを「検索エンジン」と呼ぶこともありますが、厳密には検索サイトは検索エンジンではありません。

主要な検索エンジンには「ロボット型」と「ディレクトリ型」があります。

「ロボット型検索エンジン」
クローラーと呼ばれるプログラムが自動でWebページを巡回し、データを収集します。
検索ワードと関連性の高いページが自動で認識され検索結果に表示されます。
GoogleやYahoo!の検索エンジンはロボット型検索エンジンです。
Googleは「リンク」をページの評価に使用することでニーズのあるページが上位表示される高品質な検索結果が表示される仕組みを導入しています。

「ディレクトリ型検索エンジン」
手作業でサイトをカテゴライズし登録します。
登録には審査を必要とします。
ユーザーが登録したカテゴリを辿っていくことでサイトに辿り着く仕組みです。

検索エンジンのシェアは?

検索エンジンはGoogl・Yahoo!・bing・Baidu・MSN等がありますが、ユーザーニーズを順位に自動反映する仕組みを作ったことによってGoogl検索は日本や世界のシェアはトップになりGoogle一強の様相になっています。

2019年度の日本シェア
・ PC    → Googl=76%・Yahoo!=15%・bing=7%
・モバイル → Googl=71%・Yahoo!=24%・bing=0.3%

2019年度の世界シェア
・ PC    → Googl=88%・ bing =5%・Yahoo!=2%
・モバイル → Googl=94%・Yahoo!=1%・Baidu  =1%

検索エンジンのシェアの状況から見ても、検索エンジンのSEO対策とは一般的にGoogl検索のSEO対策をすることを指しています。

Googl検索とはどのようなものか?

Googl検索は1997年にラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが開発したのが始まりです。
Googleが提供する検索エンジンで、World Wide Web(WWW・ウェブ)上で最も多く使われている検索エンジンです。
様々なサービスを通して毎日数億件の検索クエリを受け付けています。
クエリとは、ユーザが検索のために検索窓に入力するキーワードで巨大なデータベースに問合せをしてウェブページ内のテキストデータを探し出すことを主な目的としています。
検索結果ページでの表示順序は、主に「ページランク」と呼ばれるランク付けに基づいています。

Google検索は本来の単語検索機能に加えて22種類以上の特殊機能を提供しています。
例えば、天気、株価検索、地図、地震、映画検索、電車の乗換案内など、数値に関する特殊機能として、数値範囲検索 、通貨換算、単位変換、電卓機能、荷物の配達状況、郵便番号といった機能、
表示されたページをGoogle翻訳を使用して翻訳するなどの機能もあります。

Google検索のSEO対策は何をすればよいのか?

Google検索エンジンはクローラーと呼ばれるプログラムが自動でWebページを巡回しデータを収集しています。
WebページのURLのSEO対策として、クローラーが認識しやすくインデックス登録されやすい文字列を使うことが重要になります。
複数のURLを link タグで関連付けたり、サイトマップでクローラーにURLを通知したりすることが対策となり、リンクを辿ったWebページの検出でクローラーがWebページを見つけやすくなります。

Google検索エンジンのクローラーは自動でWebページを巡回しデータを収集していますが英語として解釈をしています。
URLに含まれるローマ字は日本語ではなく英語として解釈していますから、URLはローマ字表記ではなく英語表記がクローラーに認識されやすくなります。
ローマ字表記をすると、その URL がどのキーワードに関係しているのか認識されないばかりか、ローマ字表記によっては別の意味に誤解される可能性もあります。

実際には使用する言語を日本語に設定していれば、ローマ字で検索しても検索結果には日本語で検索した結果が表示されます。

何が正しいのか?

ネット上に色々な事が書かれていますが、すべてが正しいとは言えないようです。
Google検索エンジンのクローラーの仕組みは公開されていませんし、クローラは進化していますから。
やらないより、やったほうが良いのではないのではないか。
そんな対策が多いようです。

わたしもSEO対策として、スラッグの最適化してみましたから成果が出ることを願って注意深く見ていきたいと思っています。
スラッグの最適化とSEO対策  こちらから、実際にわたしの行ったSEO対策を読んでいただきたいと思います。

CSラボはなかなかだす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください