FTPクライアントソフトてなに? | WinSCPをインストールする手順をわかりやすく解説

ブログを作り始めるとわからないことが次々と出てきます。
今回は「FTPクライアントソフト」です。

FTPクライアントソフトとは、
HPやブログのサイトの表示に必要なファイルをPCからサーバーへアップロードしたり、逆に保存していたファイルをダウンロードするためのトソフトです。
サーバーに対してアップロードやダウンロードを要求するローカルPCは依頼者になることからクライアントソフトと言います(依頼者=クライアント)。
FTP = File (ファイル)をTransfer(トランスファー)「転送」するためのProtocol(プロトコル)「規約」

FTPは利用者の認証情報(ユーザー名、パスワード)やファイルなどの情報を暗号化せずに転送します。そのため、コンピューターウイルスの標的にされることがあります。

ローカルPCとサーバー間のファイルのやり取りをFTPではなく、より安全に情報を暗号化するプロトコルのFTPS、SFTP、SCPが使用されます。

FTPS、SFTP、SCPを説明します。

FTPSとは(File Transfer Protocol over SSL/TLS)
FTPの脆弱性をカバーするために、転送される情報を「SSL/TLS」を利用して暗号化するプロトコルです。
「SSL/TLS」とは
公開鍵暗号と共通鍵暗号という暗号化技術の組み合わせで、暗号化された安全な通信を確保する仕組みです。
SSLとTLSは、同じ仕組みのものです。SSLがバージョンアップを重ねTLSとなりました。「SSL/TLS」と並列で表記されることが多です。
SSL/TLSを利用しているかどうかは、アドレスバーにて「https」や「鍵マーク」の表示の有無で見分けがつきます。

SFTPとは(SSH File Transfer Protocol)
FTPで転送される情報を「SSH(Secure Shell)」を利用して暗号化するプロトコルです。
「SSH」とは
リモートにあるサーバを端末から操作する際、通信される一切の情報を暗号化するプロトコルのことです。

SCPとは(Secure Copy Protocol)
「SFTP」と同様に「SSH」を利用しているためセキュリティ面で安全性の高いプロトコルです。
「SFTP」に比べて通信速度は速いのですが、「SCP」を利用する場合はサーバにUNIX系のシェルが備えられている必要があります。Webサーバを作ろうとするとほとんどのサーバにはシェルは入っているので意識する必要はありません。

十分な安全性を備えたクライアントソフトを使用してサーバーとPCのデーターのやり取りをする必要があります。

何種類かクライアントソフトがありますが、私は “WinSCP” を使用したいと思います。

WinSCPは、
オープンソースで開発されているFTP/SFTP/SCPクライアントソフトです。
FTPのほかSCPやSFTPといったSSHを利用する安全性の高い接続プロトコルにも対応しています。
送受信データをSSL/TSLで暗号化するFTPSにも対応していますからローカルPCとサーバー間で安全なファイルのやり取りが可能です。
任意のフレーズをもとにローカルPCへ保存したFTP接続情報をAES方式で暗号化するマスターパスワード機能も搭載しています。
さらに、サーバー上のファイルを編集できるテキストエディターも搭載していますから、スクリプトファイルの書き換えなどに利用できます。

以上が使用する理由になります。

「窓の杜」からWinSCPをダウンロードします。

窓の杜(まどのもり、WINDOWS FOREST)は、株式会社インプレスが運営するMicrosoft Windows用のオンラインソフトウェアを紹介するウェブサイトである。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「窓の杜からダウンロード」ボタンをクリックし、実行ファイルをダウンロードして下さい。

“ダウンロードしています。”と表示が出ると、画面の下に実行または保存?を聞いてきますから実行を押します。

実行ボタンを押すと、使用承諾契約書の同意画面になります。承諾ボタンを押します。

セットアップ形式は 標準的なインストール を選択します。
(下の画面は既にインストール済のPCでダウンロードをしたのでアップグレード形式を聞いています。)

インストールをクリックします。

インストールが終了すると、完了画面の完了ボタンをクリックして終了です。


スタート画面に“WinSCP”のアイコンが表示されていますので、ダブルクリックして起動します。

ログイン画面が開きます。

  • ホスト名
    サーバー契約時にメールで送られてきたサーバーアカウント設定完了にFTP情報が記載されています。FTPホスト名(FTPサーバー名)を入力してください。
  • ポート番号
    “22”を選択します。
  • ユーザー名
    サーバー契約時にメールで送られてきたサーバーアカウント設定完了にFTP情報が記載されています。FTPユーザー名(FTPアカウント名)を入力してください。
  • パスワード
    サーバー契約時にメールで送られてきたサーバーアカウント設定完了にFTP情報が記載されています。FTPパスワードを入力してください。

サーバーとPCが接続されるとWinSCPの画面右側にサーバーが左側がPCのデータファイルが表示されます。

これでサーバーとPCの間でデーターのやり取りができるようになりました。

追々活用したいと思います。 先ずは環境整備から。

CSラボはなかなかだす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください