ブログを作る その1 | 実際の作成過程をわかりやすく解説します

50歳前半の中年オヤジの私がどうやってブログを作ったか、その手順を詳細にわかりやすく解説します。

これまでにいろいろなブログを読むことはありました。知りたいことを検索すればすぐに教えてくれる。誰のブログなのか、誰のホームページなのかは全く気にもせずに、ただ知りたい情報を得るために検索をしてブログの便利さは既に実感していました。
私にとってブログは読んだり見たりするもので作るものではありませんでしたから、自分でブログを作るなんて思ってもいませんでした。
それでも、私がブログを作った過程を順を追って解説したいと思います。
(私が何故ブログを作ろうと思ったのか?それはまた別の記事でお話ししたいと思います。)

今までの使い方と同じようにわからないことを検索します。
“ブログ・作り方” で検索すればとても丁寧に作り方を教えてくれるブログがたくさん見つかります。

いろいろなブログの記事を読んでわかったこと。

ブログは作るのにお金がかかる有料のものと、無料のものがあるということ。そしてこの二つは何が違うのか?
それはお金をかけて作った有料ブログはそのブログでお金を得やすい。
無料ブログはタダでブログが作れるけれどお金を得ることが難しい。

「なるほど・・・、私はお金をかけてブログを作ってブログでお金を得ることにしよう。」

有料ブログも検索して調べるといくつものブログがあってハッキリ言ってわかりにくいので更に検索してわかったのは、ブログにはサーバーが必要で多くの有名ブロガーはエックスサーバーを使って、WordPressでブログを作っている。

「じゃあ、エックスサーバーとWordPressを使おう。」

更に “エックスサーバー・WordPress・ブログ作成” で検索して詳しく進め方と手順を調べると、
①エックスサーバーの契約
②ドメインの契約
③契約したドメインをエックスサーバーに設定
④独自SSL設定
⑤WordPressをエックスサーバーにインストール
 この手順でエックスサーバーを使ってWordPressでブログが作れるようになるようです。

もっと詳しく手順を検索して調べてみます。



①エックスサーバーの契約 の手順

 1.エックスサーバーにアクセスする https://www.xserver.ne.jp/  

 2.“申し込みはこちら”をクリック  

 3.“初めてご利用のお客様 新規申し込み”をクリック 

 

 4.入力画面で必要事項を入力 

⦿契約内容
(1)サーバーID(初期ドメイン)3文字以上12文字以内で半角英数小文字を使用し入力すると申し込み可能なサーバーIDかが表示される。一度設定すると変更することが出来ないので事前に何種類かのIDを準備しておく。
(2)プラン設定 X10(スタンダード)を選択。

⦿会員情報
(1)メールアドレス・・・エックスサーバーからの通知を受け取るメールアドレスを入力する。
(2)メールアドレス(確認)・・・同じメールアドレスを入力する。
(3)登録区分・・・個人を選択
(4)名前・・・漢字で入力
(5)名前(フリガナ)・・・カタカナで入力

(6)郵便番号・・・例に従って入力
(7)住所(都道府県、市区町村)・・・例に従って入力
(8)住所(町域、丁目・番地)・・・例に従って入力
(9)電話番号・・・例に従って入力

(10)インフォメーションメールの配信・・・希望するにチェック

⦿規約等
(1)利用規約と個人情報に関する公表事項
“「利用規約」「個人情報の取り扱い」に同意する” にチェック “お申込内容の確認へ進む” をクリックする。 

 5.入力内容の確認
入力画面で入力した内容が表示されるので確認する。 間違いがあれば “お申し込みを修正” をクリックして再度入力画面に戻って修正をする。 間違いがなければ、“申し込みをする” をクリックする。

 6.エックスサーバーから届いたメールの確認
“【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]”  のタイトルで登録したメールアドレスにエックスサーバーからメールが届きます。

ユーザーアカウント情報に会員IDとインフォパネルパスワードが、サーバーアカウント情報にサーバーIDとサーバーパスワード記載されています。
インフォパネルとサーバーパネルにログインするときにIDとパスワードを使いますからメールは保存し、IDとパスワードはメモして残しておく。 

 7. インフォパネルにログインする
会員IDとインフォパネルパスワードを入力してログインする。

 

 8.料金の支払い/請求書発行
ログインしたインフォパネルの“料金のお支払い” をクリックして支払い入力画面に従って利用料金の支払いをする。私はクレジットカードの支払いを選択しましたのでその方法を解説します。

⦿クレジットカード決済による手続き

(1)支払い方法を選択
インフォパネルの「料金のお支払い/請求書発行」をクリックします。
支払い対象のサービスにチェックを入れ、「更新期間」を選択して、「お支払い方法を選択する」をクリックする。

(2)クレジットカード決済を選択
支払い内容を確認し、「クレジットカード決済画面に進む」をクリックする。

(3)クレジットカード情報の入力
「クレジットカード番号」と「有効期限」を入力し、「カードでのお支払い(確認)」をクリックする。
「自動更新設定を行う」にチェックすると、次回更新時より自動で引き落としされます。

(4)決済完了
「カードでのお支払い(確定)」をクリックします。

10日間のお試し期間中にエックスサーバーが支払いを確認をすると、

“【Xserver】ご利用料金お支払い確認のお知らせ” のメールが届きサーバーの利用が可能となる。



②ドメインの契約 の手順

お名前.COMからドメインを購入する方法が多くのブログで推奨されていますが、エックスサーバーでは〝 エックスサーバー申し込みでドメインがずっと0円のプレゼントドメインキャンペーン 〟 をしています。
私はエックスサーバーでプレゼントドメインの申し込みをすることにしましたのでその手順を解説します。

1.インフォパネルにログインし、 “キャンペーンドメイン” をクリックする。

2.キャンペーンドメイン申請フォームの入力

(1)対象サーバーIDを入力

(2)独自ドメインを入力 ・・・ 希望のドメイン名を入力します。ドメイン取得後はドメイン名の変更ができないので事前に何種類かのドメインを準備しておきます。

(3)適用方法を選択 ・・・ 新規取得=ドメインの新規取得をする場合を選択します。

(4) “ドメイン検索” をクリック ・・・ 入力した独自ドメインに空きがあるかを調べて使用の可・不可が表示されます。使用できない場合は事前に準備しておいた別のドメインを入力して再度ドメイン検索をします。

3.確認・キャンペーンドメイン申請 ドメイン名に誤りがないか確認して “キャンペーンドメイン申請” をクリック。

申請後にエックスサーバーから、“【Xserver】キャンペーンドメイン取得完了のお知らせ” のメールが届きます。



③契約したドメインをエックスサーバーに設定 の手順

このサービスでドメインを利用すると、 サーバーパネルで
(1)ドメインの追加設定と
(2)ドメインのネームサーバーの設定の作業が必要となります。
しかし私が利用したキャンペーンドメインサービスは、(2)ドメインのネームサーバーの設定が既に設定されていて作業を行う必要がありませんでしたので
(1)ドメインの追加設定 の手順のみ解説します。

(1)ドメインの追加設定の手順
取得した独自ドメインをエックスサーバーで利用するにはドメイン設定の追加が必要です。

1.「ドメイン設定」をクリック
サーバーパネルへログインし、「ドメイン設定」をクリックします。

2.「ドメイン設定の追加」をクリック
追加設定ご希望のドメインを入力し、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックします。

 

3.入力内容を確認し、「ドメイン設定の追加(確定)」をクリック
手続きの内容を確認し、「ドメイン設定の追加(確定)」ボタンをクリックすると、ドメイン設定と、無料独自SSLの設定が追加されます。
(独自SSLとは何かわかりませんが続けます。SSLは後で調べることにします。)

4.ドメイン設定の追加完了
「ドメイン設定の追加を完了しました。」が表示されたら、ドメイン設定の追加は完了です。



④独自SSL設定 の手順

1.「SSL設定」をクリック
サーバーパネルにログインし「SSL設定」をクリックする。

2.「独自SSL設定追加」をクリック
設定するドメインまたはサブドメインを選択し「確認画面へ進む」をクリックする。
(独自SSLとは何かわかりませんが続けます。SSLは後で調べることにします。)

3.「追加する」をクリック
内容を確認し「追加する」をクリックする。

4.設定完了
一覧画面に設定したドメインが表示されていれば設定完了です。反映には最大1時間程度かかります。

たくさんの方のブログやエックスサーバーのホームページで調べながら進めると、50歳前半の中年オヤジの私でも出来そうです。ただ、独自SSLとは何か…? 全く理解しないまま手順に従って作業をしています。それは、第一の目的がエックスサーバーを使ってWordPressでブログが作れるようにすることなのでこのまま進めます。問題が発生して次の手順に移れない時は、都度検索して問題を解決して次に進みます。目的のエックスサーバーを使ってWordPressでブログが作れることが達成された後で、わからなかった 独自SSL は検索して調べて理解することにします。まずは優先順位の高い事から進めます。

SSLとは何か? 「サイトの安全性を高める技術」がSSL

これで、①エックスサーバーの契約 ②ドメインの契約 ③契約したドメインをエックスサーバーに設定 ④独自SSL設定 は終了です。それでは次の⑤WordPressをエックスサーバーにインストール を解説します。



⑤WordPressをエックスサーバーにインストール の手順

1.「WordPress簡単インストール」をクリック
サーバーパネルにログインし「WordPress簡単インストール」をクリックする。

2.「WordPress簡単インストール」画面の “WordPressのインストール” をクリック

3.WordPressのインストール設定 ・・・ 各項目を入力します。

(1)インストールURL・・・②ドメインの契約 で取得したドメイン名を入力する。“http://取得したドメイン名

 

(2)ブログ名・・・ブログ名は後から変更できます。仮のブログ名でもいいので入力します。

(3)ユーザ名・・・ユーザ名はWordPressの管理画面上からは変更できません。(変更できるようですが手間がかかって難しいようです。) WordPressのログイン用のIDとして使用します。変更できないので事前に準備しておいてください。

(4)パスワード・・・WordPressのログインに使用するパスワードです。事前に準備して忘れないようにしましょう。

(5)メールアドレス・・・・メールアドレスは後から変更できます。WordPressのアップデート情報や、コメント通知などを受け取るメールアドレスです。

(6)キャッシュ自動削除・・・onを選択します。WordPressのキャッシュをCronによって一定間隔で自動的に削除する機能です。(キャッシュ・Cronとは何かわかりませんが続けます。キャッシュ・Cronは後で調べることにします。)

(7)データベース・・・「自動でデータベースを生成する」を選択します。新たに作成する場合は「自動でデータベースを生成する」を選びます。(データベースとは何かわかりませんが続けます。データベースは後で調べることにします。)

最後に“インストール”を押します。

3.プログラムのインストール(確認)
プログラムのインストール画面が表示されます。

 

 入力内容に誤りがなければ「インストール(確定)」をクリック します。〝インストールを行うと、インストール先のディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。〟と表示されますが、そのまま「インストール(確定)」をクリック します。

上のように〝WordPressのインストールを完了しました。〟と画面が表示されればインストールは完了です。

4.インストール確認
完了画面に表示されたリンクをクリックし、ログイン画面へ移動します。

ログイン後、インストールしたWordPressのダッシュボード画面が開きます。ダッシュボード内のブログタイトル部分 (上の画像には“日々の出来事”となっていますが、ここにはWordPressのインストール設定画面で入力したブログ名が表示されています。) をクリックすると、インストール時に設定したブログを確認することができます。

ログインした画面は全てログアウトをすれば終了することができます。

これで、目標のエックスサーバーを使ってWordPressでブログが作れる状態が達成されました。



しかし、ブログを作るための作業はここからがスタートです。これからの作業の過程は次の記事で解説します。

50歳の中年オヤジがブログを作る その2 | .htaccess編集をわかりやすく解説します

CSラボはなかなかだす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください