YouTube に動画をアップロードをする その3  手順をわかりやすく解説

この記事をシェア

Filmoraを使って動画の編集が出来ましたのでYouTube に動画をアップロードをします。
実際にアップロードした手順を解説します。

パソコンやモバイル デバイスから動画をアップロードする手順です。

YouTube にログインし、登録したチャンネルをクリックするとマイチャンネルが表示されます。

チャンネル作成の方法はこちらを参考にしてください。
You Tube を始める チャンネル作成 チャンネルアイコンとチャンネルアートの設定 わかりやすく解説

You Tube 個人アカウントとブランドアカウントのチャンネル設定 複数のチャンネルを作る方法をわかりやすく解説

マイチャンネルの赤枠□の“動画をアップロード”をクリックするとアップロードができます。
赤丸〇のYOUTUBE STUDIO をクリックをしてYouTube Studioからもアップロードができます。

YOUTUBE STUDIO をクリックすると「チャンネルのダッシュボード」画面が表示されます。
赤丸〇の“動画をアップロード”からも動画のアップロードができます。

“動画をアップロード”をクリックすると「動画のアップロード」画面が開きます。
赤丸〇の“ファイルを選択”をクリックすると赤枠□の画面が開きますからからアップロードするファイルを選び赤丸〇“開く”をクリックすると動画のアップロードがで始まります。

設定の選択を完了する前にアップロード機能を閉じると、ユーザーの動画が [動画] ページにドラフトとして保存されます。

基本情報を追加します。

タイトル
動画のタイトル。この項目は必須です。
「RS1000・Q7・TG3デジカメ3機種 動画比較」

説明
動画の下に表示される情報です。
「使用している3台のデジカメRS1000・Q7・TG3を使ってメダカを撮影して動画の画質を比較してみました。
ほぼ同じ設定で撮影しましたがOLYMPAS TG-3の画像は黒色がとても綺麗でした。
TG-3は有効画素数1600万画素ですが、使用環境は-10~40℃・防水機能IPX8(水深15mでの使用が可能です)・防塵IP6Xと過酷な環境での使用ができます。
撮影モードには顕微鏡・深度合成・フォーカスBKTがあり、被写体に1cmまで接近した撮影が可能です。
撮影動画を比較すると更にOLYMPAS TG-3の良さを確認する事が出来ます。」

サムネイル
視聴者が動画をクリックする前に表示される画像です。

“サムネイルをアップロード”をクリックすると、下の画面のように“アカウントの確認を行ってください”と画面が開くきますから赤枠□に電話番号を入力しコードの受け取り方法を設定します。
設定したコードの受け取り方法で入手したコードを入力してアカウントの確認ができるとサムネイルのアップロードができるようになります。

アカウントが確認されるとサムネイルに対する注意画面が開きます。
赤線ーのようにサムネイルのサイズは2MB以下になるように注意してください。
サムネイルはアップロードされた動画の画像3つ(赤→)から選ぶことも出来ますが、動画からではなく作成した静止画像をサムネイルとして使用する事が出来ます。


“サムネイルをアップロード”をクリックするとファイルの選択画面が開きます。
サムネイルとして使用する画像を選択して赤丸〇“開く”をクリックするとサムネイルがアップロードされます。

サムネイルのアップロードが完了すると下のように表示されます。

今回のサムネイル画像はPaintShop・Illustratorを使用して作成しています。
Illustratorには“Web用に保存”という保存方法があります。
この画像もAIファイルで保存すると41MBですが、“Web用に保存”を選択するとJPGファイルで 0.23MBになります。
サムネイルのサイズは2MB以下がへ推奨されていますから全く問題はありません。
画像サイズは16:9 1280×720で作成しています。

再生リスト
既存の再生リストのいずれかに動画を追加するか、新しい再生リストを作成します。

視聴者
自動オンライン プライバシー保護法(Children’s Online Privacy Protection Act、COPPA)を遵守するには、自分の動画が子ども向けに制作されたものかどうかを申告する義務があります。

年齢制限(詳細設定)
すべての視聴者にふさわしいとはいえない動画に年齢制限を設定します。

下のように基本情報を入力しましたので“次へ”をクリックします。


以下については特に設定しませんでしたが、項目を解説します。
設定が必要になったときに詳細の解説をしたいと思います。

 詳細設定を行います。

[詳細] ページ下部の [その他のオプション] を選択して、詳細設定をします。


動画が処理中の場合は、一部の機能を利用できない可能性があります。
動画を [限定公開] としてアップロードしておけば、処理が完了した後に機能を追加できます。

①有料プロモーション
動画に有料プロモーションが含まれていることを視聴者や YouTube に知らせます。

②タグ
動画の内容がわかりやすいキーワードを追加して、検索の精度を高めます。
タグは、スペルを間違えられやすいものが動画のコンテンツである場合に役に立つことがあります。
その場合を除けば、動画の検索時にタグが果たす役割はごく小さなものです。

③言語
元の動画の言語を選択します。

④字幕
字幕ファイルをアップロードします。

⑤録画日
動画が撮影された日付を入力します。

⑥動画の撮影場所
動画が撮影された場所を追加します。

⑦録画日
動画が撮影された日付を入力します。

⑧ライセンスと配信
通常の著作権ライセンスかクリエイティブ・コモンズのライセンスを選びます。
動画を他のウェブサイトに埋め込めるようにするかを選択します。新しい動画に関する通知をチャンネル登録者に送信するかどうかを選択します。

⑨カテゴリ
動画のカテゴリ(教育やコメディなど)を選択します。

⑩コメントと評価
視聴者が動画にコメントを投稿できるかどうかを選択します。動画の高評価数や低評価数を視聴者に表示するかどうかを選択します。

利用資格がある場合は収益化の方法を選択します。

[収益受け取り] ページを使用して、動画の収益化を有効または無効にします。
収益化が可能なのは、YouTube パートナー プログラムのメンバーのみです。

 動画の要素を追加する

カードと終了画面を追加して、関連動画、ウェブサイト、行動を促すフレーズを視聴者に表示します。

①終了画面
動画の最後に視覚的要素を追加します。
終了画面を表示するには動画の長さが 25 秒以上必要です。
このオプションは、動画の処理が完了した後にのみ使用できます。
②カード
動画にインタラクティブなコンテンツを追加します。
このオプションは、動画の処理が完了した後にのみ使用できます。

 プレビューと公開

[公開設定] ページを開き、動画のプライバシー設定を選択して、動画の公開時間を選択します。
・すぐに動画を公開する場合: [公開] を選択し、動画のプライバシー設定を選択します。
・動画を「限定公開」でアップロードすると、動画に収益化または処理の問題が発生しないことを公開前に確認できます。
・後から動画を公開する場合: [スケジュールを設定] を選択し、動画を公開する日付を選択します。
指定した公開日まで、動画は非公開になります。
・プレミア公開として設定するには、[インスタントプレミア公開として設定する] の横にあるチェックボックスをオンにします。
限定公開や非公開の動画も、アップロード後にプレミア公開に切り替えることができます。
・終了する前に、変更をプレビューし、YouTube のポリシーに準拠していることを確認します。

これでYouTube に動画がアップロードできました。
今回アップロードした動画がこちらです。

わたしのチャンネルで最も視聴回数の多い動画です。

 

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください