PCのモニター画面を画像と映像にする方法 1

この記事をシェア

ブログを書いているとPCの画面をブログに画像にして使いたいことがあります。
YouTubeを作ったりしているとPCでの操作を動画にして使いたいことがあります。

Windows10 の標準機能にキャプチャ・スクリーンショット機能と動画機能があります。
全画面やアクティブウインドの画面コピーに加え、範囲を指定してキャプチャ・ スクリーンショットしたり、画面の動画を撮ることができます。

Windous10にはそんな便利な機能がありますから、PCモニターの画面を画像と映像にする方法を解説したいと思います。

PCのモニター画面を画像にする方法

パソコンのモニターに表示された画面を、画像にして保存することをキャプチャ・ スクリーンショットといいます。
パソコン画面のキャプチャ・スクリーンショットには、画面全体のキャプチャ・スクリーンショットと、開いているウィンドウのキャプチャ・スクリーンショットがあります。

(1)画面全体のキャプチャ・スクリーンショット

キーボードの右上に、PrintScreenとかかれたキーをクリックするだけで画面全体のキャプチャ・スクリーンショットがクリップボードに保存されます。

(2)開いているウィンドウのキャプチャ・スクリーンショット

表示画面の一部分を選択してキャプチャ・スクリーンショットをクリップボードに保存出来ます。
ウインドウズキー+shift+S  をクリックするとキャプチャ・スクリーンショット画面が表示されます。


画面領域切取りの選択メニューが表示されます。

・切取り領域は4つの選択ができます。

 ①四角形の領域切取り
マウスで任意の四角形の大きさに領域を指定してキャプチャ・スクリーンショットを保存できます。

 ②フリーフォーム領域切取り
マウスで任意の形状と大きさに領域を指定してキャプチャ・スクリーンショットを保存できます。

 ③ウインドウの領域切取り
画面内に開いているウインドウを選択してキャプチャ・スクリーンショットを保存できます。

 ④全画面の領域切取り
モニター画面の全てがキャプチャ・スクリーンショットで保存できます。

 

キャプチャーした画面はクリップボードに保存されます。
ウインドウズキー+V  をクリックするとクリックボードが開きます。


先程、4つの領域切取りでキャプチャーした画面が保存されています。

 

「CSラボはなかなかだす。」のブログ内で使っているPC画面の画像は、この方法で画面全体のキャプチャ・スクリーンショットを画像にしています。
作成した画像は〝画像編集ソフト Paintshop Pro X5〟を使い、明るさの調整・画像の修正・画像の切り取り等の編集をして素材として保存します。
その素材画像は“グラフィックソフト Illustrator はIllustrator CS6”を使って画像や文字・線・背景などを組み合わせて加工して使用しています。
詳しくは、“アイキャッチ画像を作る | ブログ初心者の中年オヤジでも出来る簡単な作り方”で解説しています。

 

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください