VIZIVテクノロジーズ社 グローバルワイヤレスシステム 本当の事は誰も知らない 

この記事をシェア

テスラの約20年前に、ドイツの物理学者ジョナサンゼンネックとアーノルドゾンマーフェルトは、ゼンネック表面波(ノートン表面波)電磁エネルギーが地球と空気の間の界面を通り点から点へと導かれると考え、電磁波が特定の条件下で地球の表面を導波管として使用できると理論付けていました。
(難しくて、わたしには理解できません。)

VIZIVテクノロジーズ社は、ゼンネック表面波(ノートン表面波)の表面波を利用したグローバルワイヤレスシステムを作ろうとしています。

ノーベル賞と天才発明家 真実は知らされない 作られた歴史と作られた科学 世界システムは実現するのか 興味を持たれた方はこちらの記事を読んでいただくと更に面白くなります。

 

 


VIZIVテクノロジーズ社 ホームページ

下記は公式ホームページに記載されている事業内容と経営に係る人物について調べた内容です。

VIZIVテクノロジーズ社
VIZIVテクノロジーズ社は、ゼンネック表面波(ノートン表面波)の理論とシステムを利用したグローバルワイヤレスシステムを開発しています。
天候、自然災害、経年劣化、物理的な破壊に対して弱い有線電源配電網から、ゼンネック表面波(ノートン表面波)の表面波を利用したグローバルワイヤレスシステムへの移行を事業としています。
発電施設と地域の配電網の間の電線を無くして、世界の配電システムの信頼性と復元力を高めることを目的にしています。
また、グローバルワイヤレスシステム技術は電気の恩恵を受けることができない世界の10億人の人々へ電気を送ることが可能になります。

経営幹部
クレイグ・ファリル 最高経営責任者(CEO)
元ボーダフォンエアタッチのグローバル最高技術責任者(CTO)
元ロックウェル、コネクサント、コディアックの取締役会
元サムスン、ロラルのアドバイザー
ダラス大学経営大学院でMBAを取得
オクラホマ大学工学部で電気工学のBSを取得
ジェリー・ロマックス 最高技術責任者
シェブロンに37年間在籍
元シェブロンテクノロジーベンチャーズの新興テクノロジー担当副社長
ワシントン大学で電気工学の学士号を取得
ゴールデンゲート大学で経営管理の修士号を取得
ランドール・ジャン博士 上級研究員
ベイラー大学コンピューターエンジニアリング学科名誉教授
マイクロ波応用計測学の分野で、米国の12を超える特許とそれに対応する外国特許を保有
マーク・ゲトリッヒ チーフIPカウンセル
元アメリカ合衆国特許商標庁で国際政策および政府問題の上級顧問
元マイクロソフトの国際特許およびライセンス担当ディレクター
デンバー大学で法学博士を取得
ミズーリ大学でコンピューターサイエンスの修士号、教育学の学士号を取得
スコット・ハモンド 事業開発担当副社長
アクセンチュアに26年間在籍
フォーチュンおよびミッドキャップO&G企業に勤務
ベイラー大学で地質学の理学士号を取得
ジム・リリー エンジニアリングディレクター
元カスタムアンテナ製品の開発および製造会社でエンジニアリングの副社長
Etenna Corporationの共同設立者
元Atlantic Aerospace Electronics Corporationのシニアエンジニア
元Littonのシニアサイエンティスト
軍事および商業用途向けの多数のアンテナを開発
アンテナ、加工材料、およびワイヤレス技術の分野で30件以上の特許を取得
ウェストバージニア大学で電気工学の理学士号を取得

取締役会
マイケル・W・ミラー 会長
元アメリカ空軍准将
ウォルデン大学で経営学の修士号(2011)を取得
エア大学で戦略研究の修士号を取得
ノースダコタ大学でMBAを取得
ニューオーリンズ大学で政治学の学士号を取得
F.クレイグ・ファリル 最高経営責任者
ダラス大学経営大学院でMBAを取得
オクラホマ大学工学部で電気工学のBSを取得

取締役会
ジェームズ・F・コルム博士
ケネス・L・コルム
デビッド・R・グリフィス
バジル・F・ピンゾーン・ジュニア
グレゴリー・E・ウィルヘルム、JD
テリー・R・ナッツソン
F.クレイグ・ファリル

ホームページに記載されている経営陣は経歴・学歴・実績も素晴らしく、信頼のおけるメンバーが揃っています。
事業内容も社会に貢献できる新たな取り組みが感じられます。
(うがった見方ですが、現実可能そうに見せているようにもとれます・・・。)
しかし、グローバルワイヤレスシステムによって実際どのように利益を得ることができるのか、今後のビジネスモデルが明確に示されていません。
“発電施設と地域の配電網の間の電線を無くして、世界の配電システムの信頼性と復元力を高める”とありますから、既存の電力会社が災害による送電線の損傷や破壊のリスク回避のためにグローバルワイヤレスシステムを導入することで、経年劣化による電気配電網のメンテナンス費用などの維持費用をVIZIVテクノロジーズ社に使用利用として支払うことで収入を得るのでしょうか?VIZIVテクノロジーズ社のグローバルワイヤレスシステムが実証されて使用できるようになれば、電力会社のリスクの低減や費用削減ができるようになります。
送配電の管理業務はVIZIVテクノロジーズ社が行う。
全世界に電気を送ることができれば、発電した電力を無駄なく世界で使うことが可能になりますから電力会社は使用量に合わせた発電量の調整管理(デマンド管理)することなく最大発電量を維持して余った電気は必要とする世界のどこかで使用する。発電所の稼働率を最大にして無駄なく発電した電気を使用することが可能になります。
余った電気を必要としている場所に送り使用することができます。
しかし、使用量(電流)に応じた送電量(電流)の調節ができなければ一部の発電所への負荷が大きくなり停止してしまうブラックアウトが発生します。
既存の電力会社は需要と供給のバランスを保ちながら電気を作り送っています。これを世界規模で行うことは大変難しことです。
果たして本当に地球全体にグローバルワイヤレスシステムで電気を送れることが可能になるのでしょうか?
もし出来たとしたら何年先になるのでしょうか?
テスラが目指していたのは、フリーエネルギーとして得た電気を、世界システム(グローバルワイヤレスシステム)で送る仕組みです。
VIZIVテクノロジーズ社のホームページにはフリーエネルギーについては何も書かれていません。

KWTX-TV News 10 ウェブサイト ニュース記事

これはKWTX-TV News 10というウェブサイトの記事を直訳した記事です。
Google翻訳で直訳された内容になりますから、文章上不自然な部分があります。
また、所々に訳されずに英文のまま(固有名詞など)になった部分があります。

KWTX-TVは 米国テキサス州 ウェイコに認可され、ウェイコ、 テンプル 、 キリーンなどの中央テキサスに情報を提供するCBS系列のテレビ局です。

中央テキサスで無線電気伝送を研究する科学者
テキサス(KWTX)カールズコーナーのすぐ北の州間高速道路35-Eastに沿った奇妙な形だが目立つ道路沿いの建設プロジェクトは、実際、電線なしで場所から場所へ電気を伝送する可能性に関するハイテク研究です。
州間道路35号線東のダラスに向かって運転し、右側のカールズコーナーを過ぎたところに、ユニークな塔があります。
大きな円形のベース、上部から突き出た小さな丸い構造、そしてポールの上部に大きな丸い金属のように見えるボールがあります。
KWTXの放送エンジニアの1人が、ダラスから戻ってきたときにそのことに気付き、写真を撮ってニュースルームに持ち込んだので、記者はそれが何であるかを把握できました。
推測は、ある種の電気自動車の充電ポート、またはダラスフォートワース国際空港やラブフィールドのレーダーなど、インターネットに関係している可能性があり、新しいスタートレックの映画セットの小道具である可能性もある。
最初の推測が最も近いことが判明しました。
これは、ワイヤを使用せずにソースからユーザーへの電気エネルギーの伝送の実現可能性を調査する実験の一部です。
これは、Vizivという名前のWaxahachie社によって実施されており、表面波システムと呼ばれる技術を使用しています。
「Vizivの表面波システムは、世界中で手頃な価格の電力の供給を可能にすることで、世界中の人々の生活の質を向上させます」とViziv Technologiesはウェブサイトで述べています。これまでのところ、同社は、Baylorからの最近のニュースリリースで述べたように、BRIC、Baylor Research and Innovation Collaborativeとプロジェクトに関連しており、研究努力について次のように述べています:「安全、経済的、効率的に表面波技術を使用して、世界中のほぼどこにでも電力を供給します。
Baylor Research and Innovation Collaborative(BRIC)内の研究は、商業開発が継続するにつれて、これらの各アプリケーションに通知します。」

Vizivは、同様のイノベーションを研究しているBaylorグループに関連する6社の1つです。
同社は元USAFブリークによって率いられています。マイケル・W・ミラー大将。28年の兵役を終えて空軍を引退しました。
同社は、350,000平方フィートの施設であるBRICで3,055平方フィートをリースし、「基礎研究および応用研究、業界コラボレーション、ビジネスの加速化とインキュベーション、人材開発、STEM教育アウトリーチおよび研究」へのアクセスを提供しています。

「バイラーの電気およびコンピューターエンジニアリング(ECE)教授として、同僚と私は2013年に研究をBRICに移行した最初の人物の1人でした」と、Vizivの最高技術責任者であるランドールジャン博士は言いました。

「それは、研究能力の範囲と深さが拡大し続ける世界クラスの施設です。BaylorのECE部門では、電磁気と電力システムのプログラムが最も強力であり、
Viziv Technologiesとのコラボレーションは多くの刺激的な課題に対処するのに最適です。」

その中には、Vizivの主張に反論するコメントを見つけることができるEEVblog Electronics Community Forumへの寄稿者など、アイデアがおかしいと言う人もいます。

テキサスではVIZIVテクノロジーズ社の巨大な建造物が何なのか話題になっているようです。
地元のテレビ局が取材した記事になりますが、巨大な建造物は電線なしで場所から場所へ電気の伝送が可能性になるグローバルワイヤレスシステムであることを報道しています。
VIZIVテクノロジーズ社のランドール・ジャン博士 上級研究員に取材した内容も書かれていて、Vizivの表面波システムは、世界中で手頃な価格の電力の供給が可能になり、世界中の人々の生活の質が向上することを伝えています。
しかしEEVblog Electronics Community Forumの、E電子回路、プロジェクト、ガジェットについて話したり構築したりすることを楽しむオンラインコミュニティでは、Vizivの主張に反論するコメントやアイデアがおかしいと言う人もいることを最後に記しています。
真実は何方なのでしょうか?


サイラム(psiram) ウェブサイト 情報

これはサイラム(psiram)という少し怪しげなウェブサイトの情報です。
Google翻訳で直訳された内容になりますから、文章上不自然な部分があります。
また、所々に訳されずに英文のまま(固有名詞など)になった部分があります。

Viziv Technologies LLC(以前のTEXZON)は、テキサスの町Waxahachieにある会社です。
Vizivは、「Zenneck Waves」を使用した広範なワイヤレスエネルギー供給の実験とライセンスの販売を試みています。
すべてはニコラテスラによる失敗した実験に依存しています。
ウェイコ(テキサス州)のベイラー大学とのコラボレーションが主張されています。
未確認の噂によると、Viziv Technologiesはテキサスからパナマに1メガワット(電気)の出力を「送信」することを計画しています。
これが成功した場合、将来的に最大400 MWのワイヤレス「伝送パス」を送信する必要があります。

知識の現状によれば、数センチメートルの距離にわたる電気エネルギーの無線伝送は、高効率では不可能です。
なぜなら、エネルギーの大部分は、電磁放射への変換中、伝送経路(自由場減衰)および熱損失の形での変換中に失われるためです行きます。
さらに、環境および高電界強度(高出力)の人々に危険が及ぶ可能性があります。
したがって、世界中で成功したアプリケーションはありません。
唯一実現可能なプロジェクトは、最大1キロメートルの距離でマイクロ波とレーザーを使用したkW範囲の実験的エネルギー伝達でした。
効率はわずかに50%を超え、残りは熱として失われました。
少し前(1970年代)に提案されたのは、地球に近いスペースに非常に大きなPVソーラーコレクターを設置することでした。
得られたエネルギーは、束ねられたマイクロ波の形で地球上の受信局に送られた可能性があります。
(パラボラアンテナを介した)バンドリングにより、伝送経路での損失を減らすことができます。
そのようなプロジェクトは、真剣に実行可能と見なされたことはありません。

電磁波によるユートピアエネルギー伝送と、近接場結合での歯ブラシ、カミソリ、または携帯電話の充電に使用される純粋な誘導エネルギー結合と、
道路交通で電気自動車を充電するための可能なソリューションとして考えられるものとを区別する必要があります。
原則として、これはエネルギー伝送に交番磁界を使用する変圧器です。
ただし、送信機側と受信機側(1次コイルと2次コイル)は互いに非常に近接している必要があります。
より長い距離(センチメートルを超える)では、損失は非常に急速に増加します。
スターバックスやマクドナルドなどの一部の小売チェーンでは、携帯電話の充電に近接場結合を提供しています。
Ikeaは、近距離での非接触充電用のコイルが組み込まれた家具も販売しています。

ライバルは、トムステピエンが率いるプライマスパワー Primus Power です。
Primus Powerは、米国の定置用エネルギー貯蔵システムの生産者です。
EnergyPodsは、商業、産業、マイクログリッド、ユーティリティのお客様向けのモジュラーバッテリーです。
低メンテナンスシステムは、5時間の放電エネルギーを提供し、グリッドアプリケーションに必要な20年の寿命に対応しています。

Viziv Technologies LLC
Vizivのマネージングディレクターは、元空軍将校のMichael W. Miller(以前の将軍)です。
Vizivは複数の特許を持っていると主張しています。
従業員数は30人です。
言及された他の会社の従業員には、PRマンのマイケル・テイラー、
電気技師のジェリー・ロマックス(以前のシェブロン・コーポレーション)、
ランドール・ジャン(電気技師およびVizivのチーフ開発者)、
リチャード・T・デベロー(元パイロットおよび米空軍の将軍)、
マーク・ゲトリッヒ、アレンページ。
VizivまたはTexzonのその他の上級役員には、F。バジルピンゾーン(監督)、
ジェームズF.コラム(監督)、
ケネスL.コラム(監督およびジェームスコラムの兄弟)、
デイビッドR.グリフィス(監督)、
テリーナッツソン(監督)、
キースS.レノン(監督)、
カルバンE.「主任科学者」ジェームズ・コルムは以前、フィラデルフィアの実験を確認したと述べた。
彼はまた、レーダー波研究所で物体を見えなくしたと主張した。

言及された名前のいくつかは、テスラ協会に関連しています。

他の情報源によると、3,800万ドル以上が資金調達に利用可能であると言われています。

前身の会社は、ケンコルムのレッドオーク(テキサス州)にあるTexzon Technologiesでした。

実験
ミルフォードの町(テキサス州76670、ダラスとウェイコの間)に、金属製の半球を備えたタワービルが建設されました。
建物は、州間高速道路35Eの近く、デールエーカーズロードの近くにあります。
地理的な位置は、32°08’57.3 “N 96°56’31.2” Wです。(Googleマップの位置)タワーはすぐに地域の議論のトピックになり、
地元の新聞や地元の​​ラジオのいくつかの記事の主題になりました。
記者会見でコメントなしに引用されているVizivの声明では、Vizivは、タワービルを通じて「長距離無線電力伝送」を実装したいと考えています。
ただし、低周波エネルギーのみが放出されるため、直接居住者を傷つけることはできません。
住民はこの施設に喜んでおり、米国が遠い貧しい地域の人々に自由なエネルギーを提供することを誇りに思っていました。

前身の会社Texzon
Texzonは、Viziv Technologiesにちなんで名付けられた同じグループを部分的に採用しました。
NuPower開発会社は、ワイヤレスエネルギー会社としてTexzonに応募しました。
同社はしばらくの間、バーレーンから政府契約を取得しようとしました。
Texzonは、2018年1月から2020年1月まで、中周波数1800 kHz(1.8 MHz、波長166 m)または1710-1900 kHzの範囲で、最大出力50 kWで実験を行うために、FCC規制当局に公開アプリケーションを作成しました。
有効な放射電力は1 kW(効率1 / 50、2%)でなければなりません。
アプリケーションでは、1800 kHzの実験がラジオ放送を改善された方法で放送するのに役立つはずであると述べています。
エネルギー伝達の問題はありません。
地表面に平行な伝搬に加えて、上中波範囲のこの周波数では、空間波としての放射もあります。
必要な識別記号はWJ2XGBおよびWL9XKQです。
アプリケーションは、Michael TaylorによるアマチュアコールサインKG5IUCにも言及しています。
2019年4月、18 KHz(VLF範囲、17.4から18.0 KHz)での無線伝送のライセンスが要求され、要求が許可されました。
100 KHz(長波/ LORAN)、51 MHz(アマチュアバンド)、1710 KHz(短波)での実験の話もあります。
FCCのドキュメントによると、システムは18 KHzで500 KWの電力を供給できるはずです。
Texzonは以前、「リングパワーマルチプライヤ」の特許を持っていると主張しました。
ただし、対応する米国特許8716890はCPG Technologies LLCに登録されています。
これは「ACストレージ」でなければなりません。

同様のプロジェクト
Konstantin Meylは、長年にわたって電気エネルギーをワイヤレスで伝送できると主張してきました。
彼はテスラにも依存していますが、いわゆるスカラー波にも依存しています。
しかし、自由空間では理論的にスカラー波は不可能であり、証明されたことはありません。
そのエネルギー伝送をもっともらしいものにするために、Meylは、低電力高周波ジェネレーターが小さなLEDランプを点灯させ、
受信機のエネルギーを失う実験キットを販売しています。
しかし、綿密な検査で、回路は実際にはコイルで短縮されたアンテナであり、発電機に直接結合されていることがわかりました。
さらに、LEDは供給された電気エネルギーの一部のみを受け取ります。
2018年、メイルはスイスのSBBと協力して、オルテンからシサッハまでの路線(ハウエンシュタイン区間)の
従来の鉄道列車にスカラー波を無線で供給する計画を立てていると主張しました。
ブラジルとロシアの両方で、無線周波数によるエネルギーの伝送プロジェクトがあります。
どちらのプロジェクトにも成功報告はありません。

ニコラテスラへの言及
ニコラ・テスラのワーデンクリフ・タワー。
1900年初頭、テスラは銀行家であるJPモーガンの無線(150,000ドル)を使用して、電離層上(および導電性アース上ではなく)に無線周波数の電気エネルギーを長距離送信しました。
彼はニューヨークの近くのロングアイランドを本拠地として選んだ。
そこで、高さ57 mの送信アンテナであるViziv Technologiesの塔を思わせるWardenclyffe Towerの建設が始まりました。
両方の塔の上部には半球のようなものがあります。
しかし、ロングアイランドの施設は、お金の不足のために完成したことはありませんでした。
おそらく、テスラが以前話していた合意されたラジオ局を建設していないためにモーガンがだまされたと感じたためです。
ワーデンクリフタワーは、1917年に第一次世界大戦中に取り壊されました。
テスラの約20年前に、他の発明者は、電離層全体に長距離の電気エネルギーを伝導するというアイデアをすでに持っていました。
テスラカーの逸話もテスラについて回っています。
したがって、テスラは1931年に電動のピアスアロー車を所有していました。
12個の電子管を備えたグローブコンパートメントのブラックボックスは、「電力受信機」として機能し、
約3メートルの長さのアンテナに接続されたと言われています。
伝説によると、車は8日間で最大50マイル/時の速度で50マイル移動したはずです。
しかし、彼の主張は新聞の報道で不信に会った。
この主張を裏付ける証拠はありません。
疑わしいテスラのne、ピーター・サボは、中古証人であり、実際にはテスラのnotではありません。

ゼンネック波とノートン波
ドイツ語圏では、「Zenneck waves」という用語(ドイツの物理学者でありラジオのパイオニアであるJonathan Zenneckの後の1871-1959)はかなり珍しいものです。
表面波が意味されます。
機械的波と電磁場/波を区別する必要があります。
無線技術では、基本波の概念が使用されます。
これは、地球の表面での対応する低周波数での回折現象に従うものです。
英語圏では、ノートン表面波という用語もこれらの波に使用されます。

英語版ウィキペディアでは、Zenneck Waveを次のように定義しています。
「Zenneck波、Zenneck表面波、またはSommerfeld-Zenneck表面波は、異なるブリュースター角で、
異なる誘電率を持つ2つの均質な媒体間の平面または球形の境界面に入射する不均一または不均一な電磁平面波です。
ゼンネック波は界面に平行に伝播し、指数関数的に垂直に減衰します。これはエバネッセンスとして知られている性質です。
これは、プラズマ周波数​​以下で、界面を形成する材料の一方の誘電率が負で、
他方が空気と地上伝送線などの損失性伝導媒体との界面などの正であるという条件下で存在します。
アーノルド・ゾンマーフェルドとジョナサン・ゼンネックによる損失の多い地球上の波動伝播の問題の元の分析から生まれ、
マックスウェルの方程式の正確な解として存在します。
MünsterUniversity of Applied SciencesのJörgFrickeは、2015年に両方の分野について独自の説明を発表しました。

「…両方の波は、マックスウェル方程式の解です。
ツェネック波は、理想的には放射を伴わない不均一な平面または平面上の円筒波です。
したがって、円筒波のパワーフロー密度は、中心に1 / rに比例します。
その結果、EフィールドとHフィールドは1 / sqrt(r)に比例して減少します。
無限の高さのソースによる有限の高さのアンテナから放射される場合、Zenneck波はrの増加とともに減少して、高さおよび放射場が減少する部分的なZenneck波になります。
ノートン波は、定義上、表面の上または上に配置されたアンテナの放射場の表面波部分です。
表面で直接見られるフィールドジオメトリは、EとHが1 / sqrt(r)よりも速く減少することを除いて、ツェネック波に非常に似ています。
Zenneckは理想化されているため、実質的にすべてのケースをノートンウェーブとしてモデル化できます。
これまでの公式部分。
しかし、私は疑問に思う:もし有限の高さのアンテナがあり、それが鏡のように振る舞う平行な板の間に置かれたら、アンテナと鏡の画像は無限のように見える。
唯一の問題:平行平板は、rの増加とともにインピーダンスが減少する導波路を形成します。
それは反射を引き起こすでしょう。
そのため、穴を開けてプレートの面積を減らす必要があり、ミラー効果が減少します。
しかし、少なくとも1 / rよりもゆっくりと減少するフィールドを取得する必要があります。
追記:厳密な意味でのゼンネック波は、放射を一切伴わずに生成および伝播しますが、Janice Turner nee Hendryによる一連の論文があります。
波形の表面。ここでの要点は、分割後、両方の部分が空間的に分離して伝播することです。
そのため、ソースから一定の距離を超えると、表面波は真のツェネック波のように振る舞い
ます:http ://www.armms.org/media/uploads/1259319847.pdf
http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/ダウンロード?doi = 10.1.1.651.4359&rep = rep1&type = pdf
http://www.ee.ucl.ac.uk/lcs/previous/LCS2011/LCS1137.pdf “。
Zenneckによると、導電性の表面(水面、導電性の地面)に沿って広がる電磁場の電界強度は、距離とともに指数関数的に減少します。
他の減衰損失係数が無視される場合、エネルギーは空間の方向または地球の中心の方向に分布しないため(3次元分布と比較して2次元のエネルギー分布)、
導電層の方向の好ましい広がりは、すべての方向の均一な放射よりも有利になります。

サイラム(psiram)を調べてみると、

『2007年にRationalWikiと同様の目的でEsoWatchという名前で設立されたドイツのインターネットプロジェクト。
違法なウェブサイトで、とりわけ相対性理論の批判者は 中傷され嘲笑されている。
痕跡はなく、責任者は匿名で無形であり、プロバイダーは香港にあり、ホストはトルコにある。
外観はウィキペディアに似ていて、ページは深刻さの印象を与えますが、すべてのテキストは、関係者の信用を落とすことのみを目的としています。』

とあります…。
※Google翻訳で直訳された内容になりますから、文章上不自然な部分があります。また、所々に訳されずに英文のまま(固有名詞など)になった部分があります。

上記の記事を読む限りでは、関係者の信用を落とすことのみを目的としている感じではないと思います。
技術的に問題点があって難しい事が書かれていますが完全に否定しているようには受け止められません。
現状での問題点が解決できれば可能性があるとも取れます。

VIZIVテクノロジーズ社は1日も早くグローバルワイヤレスシステムを完成させて、技術的に可能であることを証明してほしいと期待しています。
フリーエネルギーシステムの開発と実用化にも期待しています。

今後も注意深く情報を見つけていきたいと思います。

ノーベル賞と天才発明家
真実は知らされない
作られた歴史と作られた科学
世界システムは実現するのか
現在のアメリカのテキサス州にテスラタワーが実在することを知っていますか?
VIZIVテクノロジーズ社が作ったタワーです。


VIZIVテクノロジー社の進めている無線送電技術は、日本でも研究開発が90年代から行われています。

無線送電技術の研究開発をしている国は日本だけです

 

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください