Google Search Console グーグルサーチコンソール 使用するための手順をわかりやすく解説

Googleが提供しているGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)ツールを使用したいと思います。

ホームページによるマーケティングを行う際に必ず導入したいツールがGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)とGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)です。
どちらも無料で取得できるGoogleアカウントを作成すれば、すべての機能が無料で利用することができます。
こうしたツールを使えば実際の状態を定量的に測定でき、すべて数値で明確に結果が出るので、実績の分析、評価、改善が行えます。

①Google Analytics(グーグルアナリティクス)と
②Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の違い

①Google Analytics(グーグルアナリティクス)
サイトにユーザーが入ったあとの分析に使うツールです。
サイトに入った後にユーザーが「どのようなページを閲覧して、どのような経路で問合せなどの目標までに辿りついたのか」「どのようなページがよく閲覧されていて、どのようなページでユーザーはすぐ見るのをやめてしまっているのか」は、Google Analytics(グーグルアナリティクス)で分析できます。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)はGoogle AdSense(グーグルアドセンス)に合格して直ぐに導入して使用しています。

Google アドセンス 審査を申請する 1回目

Google アドセンス 審査を申請する 2回目

Google Analyticsを導入する | ブログ初心者の中年オヤジがブログの現状を知るために使ってみます

②Google Search Console(グーグルサーチコンソール)
サイトにユーザーが入る前の分析に使うツールです。
検索キーワード毎にどの位の順位なのか、どの位のアクセス数が発生しているのか、サイトの検索順位を下げる可能性がある問題が発生していないのかを検証するためのツールです。
ホームページの現状の状態が良いか悪いかを診断することで悪い部分を明確にし改善に繋げて、より良い成果を出すために使用します。
サーチコンソールは昔、ウェブマスターツールという名前で、古い書籍やホームページだとサーチコンソールのことをウェブマスターツールと呼んでいますが同じツールです。


Search Console(サーチコンソール)を導入する登録方法や簡単な使い方について説明します。

まずはGoogleアカウントを取得しておいてください。
“Google アドセンスの審査を申請する” こちらの記事にGoogleアカウントの取得手順が書かれています。

Google Search Consoleのページを開くとWebサイトのURLを登録する画面が表示されます。
「ドメイン」と「URLプレフィックス」のプロパティタイプを選択します。
今回は「URLプレフィックス」を選択します。
赤丸URLを間違えないように入力をします。
http://で始まる場合とhttps://で始まる場合はそれぞれ別のURLとして扱われますから注意してください。

http:// と https:// の違いは詳しくこちらの記事にしてあります。
50歳の中年オヤジがブログを作る その2 | .htaccess編集をわかりやすく解説します

URLを入力して赤枠「続行」をクリックします。

すると所有権の確認を開始します。
これはメールアドレスと登録したWebサイトを紐付けする作業です。
このように「所有権を自動確認しました」と画面が表示されます。
Google Analyticsが既に導入されていましたから確認方法は赤丸のようにGoogle Analyticsからとなっています。
赤枠「完了」をクリックして終了です。


次に、Google Analytics(グーグルアナリティクス)とSearch Console(サーチコンソール)をリンクさせます。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)の赤丸管理画面を開きプロパティから赤枠「すべての商品」を選択します。

リンクしていないサービスの「Search Console」の赤丸“Search Consoleとリンク”をクリックします。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)でSearch Consoleのデータを使用するが開きます。
Search Consoleで使用する赤丸サイトを選択して赤枠“保存”をクリックします。

Search Consoleの設定画面の赤枠“追加”をクリックします。

関連付けの追加の確認ウインドウが開きますから赤枠“OK”をクリックします。

Search Consoleの設定画面に追加したサイトが赤線表示されます表示されます。
赤丸“保存”をクリックして終了です。

プロパティから「すべての商品」を選択するとリンク済みのサービスにSearch Consoleが表示されていればGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)とのリンクがされています。


Google Analytics(グーグルアナリティクス)とGoogle AdSense(グーグル アドセンス) Google Search Console(グーグルサーチコンソール)がリンクされました。
それぞれのデータが共有されて総合的な数値がわかるようになり、実績の分析、評価、改善が可能になりました。

実際の活用は追々記事にしたいと思います。

CSラボはなかなかだす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください