Windows7 →Windows10 上書きアップグレードする手順 実際の手順をわかりやすく解説 

2020年1月14日を過ぎてWindows 7のサポートが終了しました。
サポートの終了とはセキュリティ更新プログラムの提供が終了することです。
ではセキュリティ更新プログラムとは何か?
ソフトウェアにある脆弱性 (ぜいじゃくせい) を修正するために追加で提供されるソフトウェア プログラムをセキュリティ更新プログラムといいます。
脆弱性とは、セキュリティ上もろくて弱い問題点のことです。
ウイルスのような悪意のあるソフトウェアは、セキュリティのもろくて弱い部分を狙って、PCからパスワードやクレジットカード情報を盗みだそうとします。
セキュリティ更新プログラムがPCに追加インストールされ修正されることで、セキュリティのもろくて弱い部分が修正され、ウイルスは、セキュリティのもろくて弱い部分を狙うことができなくなります。
2020年1月14日以降はWindows 7に対してMaicrosoft社がサポートしていたセキュリティ更新プログラムの自動配信インストールサポートがされなくなります。
サポート終了後もWindows 7のPCを使用を続けると、ウイルスのような悪意のあるソフトウェアが、セキュリティのもろくて弱い部分を狙って、PCからパスワードやクレジットカード情報を盗みだされる可能性が高くなります。
では、ウイルスはどうやってPCに入り込み感染するのか、①メールによる感染②インターネットによる感染③ネットワークによる感染④各種記憶媒体からの感染になります。
windows10のアップグレードを実施していないPCを使用する場合はこのことを理解して使用してください。
どうしても使用する場合は完全にネットワークから切り離して使用をします。
想定できるこの使い方は、Windows 7で使用していたソフトやアプリがwindows10に対応していない場合です。
windows10にアップグレードしたら使えなくなるお気に入りのソフトやアプリがある場合はネットワークから完全に切り離して、そのソフトやアプリを使用するためだけのPCとして使用します。
windows10のアップグレードの前に使用しているソフトやアプリが対応しているのかを調べる必要があります。

まだwindows10のアップグレードはできますから下記の手順で実施してください。(2020年1月22日現在)


わたしは、HPのデスクトップ PCを使用しています。
現在使用しているOSはWindows 7で、2020年1月14日にサポートが終了します。
windows10に無料アップグレードをしたいと思います。
Microsoftがwindows10のアップグレードプログラムを提供しているので、アップグレードは自動で簡単にできます。
パソコンにインストールされているソフトウェアやデータも引き継いでアップグレードできるので面倒なデータ移行の作業も必要ありませんが、問題が起こった場合を考慮してアップグレード前に「イメージバックアップ」と「システム修復ディスク」作業をしてください。
作業の内容と手順はWindows 7 → Windows 10 アップグレードをする イメージバックアップにわかりやすく解説しました。

Windows 7からWindows 10に移行する場合、環境にもよりますが数時間かかります。
マイクロソフトは最大24時間かかるともコメントしています。
しばらくPCの使用ができなくなりますので、影響が発生しない時間帯にアップグレードを行います。
わたしはアップグレードを令和元年12月29日の11時頃から作業を開始しました。

windows10の無料アップグレードの手順

windows10のアップグレードソフトとダウンロードするため、Microsoftのホームページ
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10にアクセスします。
赤枠の“ツールを今すぐダウンロード”をクリックします。

表示された赤枠の部分をクリックします。

ユーザーアカウント制御が開きます。赤枠内の“はい(Y)”をクリックするとダウンロードが始まります。


ここからは自動的に進んでいきます。
モニターに表示される画像を順番にカメラ撮影したものを添付していきます。
ダウンロード中は画面コピーができませんので、デジカメ撮影した画像になりますので見づらくなっています。

Windows 10のセットアップが始まります。
“準備ができるまで少しお待ちください”と表示されます。
終了後赤枠の“次へ(N)”をクリックします。

“適用される通知とライセンス条項”と表示されます。
赤枠の“同意する(A)”をクリックします。
“準備ができるまで少しお待ちください”と表示されます。
終了後赤枠の“次へ(N)”をクリックします。
“実行する操作を選んでください”と表示されます。
赤線部分の“この、PCを今すぐアップグレードする”を選択して“次へ(N)”をクリックします。
“Windows10をダウンロードしています”と表示されます。
進行状況がパーセントで表示されます。
終了後赤枠の“次へ(N)”をクリックします。
“Windows10のメディアを作成しています”と表示されます。
進行状況がパーセントで表示されます。
終了後赤枠の“次へ(N)”をクリックします。
“更新プログラムををダウンロードしています”と表示されます。
更新プログラムのチェック終了後、赤枠の“次へ(N)”をクリックします。
“インストールに必要な作業を確認しています。”と表示されます。
終了後赤枠の“次へ(N)”をクリックします。
“Windows10をインストールしています”と表示されます。
進行状況がパーセントで表示されます。
何回か再起動をします。

Windows10のスタート画面が表示されます。
画面をクリックして暗証番号を入力します。


この画面が表示されます。
しばらく待ちます。
”デバイスのプライバシー設定画面が表示されます。
“はい”と“完全”にチェックを入れて“同意”をクリックします。
言語を“日本(日本語)”にしてGet startedをクリックします。

PCを再起動します。
これでWindows10のアップグレードは終了です。
普段利用しているソフトウェアが問題なく動くか確認してください。
ソフトが動かない、windows10の動作に不具合がある時は、アップグレード10日以内であれば元のOSにダウングレードできます。
ダウングレード後にも不具合がある場合やアップグレードに失敗してOSが起動しない場合は、アップグレード前に作業をした「イメージバックアップ」を使用してリストアを行ってください。
アップグレードが失敗した場合、基本的には元のOSに自動的に戻ります。

わたしは開始から2時間程度で問題も発生せずにアップグレード作業は終了しました。
とても早く簡単でした。

PCの買換えを検討しているのであれば、その前にアップグレードを試してみてください。
必ず「イメージバックアップ」を取って「システム修復ディスク」を作成して、アップグレード作業をすることをお勧めします。

CSラボはなかなかだす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください