Windows 7 サポート終了のリスク Windows10のアップグレードは可能

この記事をシェア

2020年1月14日を過ぎてWindows 7のサポートが終了しましたが、Windows 10へのアップグレードはできます。

サポートの終了とはセキュリティ更新プログラムの提供が終了することです。

ではセキュリティ更新プログラムとは何か?
ソフトウェアにある脆弱性 (ぜいじゃくせい) を修正するために追加で提供されるソフトウェア プログラムをセキュリティ更新プログラムといいます。
脆弱性とは、セキュリティ上もろくて弱い問題点のことです。
ウイルスのような悪意のあるソフトウェアは、セキュリティのもろくて弱い部分を狙って、PCからパスワードやクレジットカード情報を盗みだそうとします。
セキュリティ更新プログラムがPCに追加インストールされ修正されることで、セキュリティのもろくて弱い部分が修正され、ウイルスは、セキュリティのもろくて弱い部分を狙うことができなくなります。

2020年1月14日以降はWindows 7に対してMaicrosoft社がサポートしていたセキュリティ更新プログラムの自動配信インストールサポートがされなくなります。
サポート終了後もWindows 7のPCを使用を続けると、ウイルスのような悪意のあるソフトウェアが、セキュリティのもろくて弱い部分を狙って、PCからパスワードやクレジットカード情報を盗みだされる可能性が高くなります。

では、ウイルスはどうやってPCに入り込み感染するのか、
①メールによる感染
②インターネットによる感染
③ネットワークによる感染
④各種記憶媒体からの感染
になります。

windows10のアップグレードを実施していないPCを使用する場合はこのことを理解して使用してください。

どうしても使用する場合は完全にネットワークから切り離して使用をします。
想定できるこの使い方は、Windows 7で使用していたソフトやアプリがwindows10に対応していない場合です。
windows10にアップグレードしたら使えなくなって困るソフトやアプリがある場合はネットワークから完全に切り離して、そのソフトやアプリを使用するためだけのPCとして使用します。

windows10のアップグレードの前に使用しているソフトやアプリが対応しているのかを調べる必要があります。

まだwindows10のアップグレードはできますから下のリンク先をクリックして実施してください。(2020年1月22日現在)
Windows7 →Windows10 上書きアップグレードする手順 実際の手順をわかりやすく解説 

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください