バッテリー上がりにジャンプスターターを使ってみたよ GOOSUO ジャンプスターター Pro

この記事をシェア

バッテリー上がりの時もこれがあれば安心。
それがジャンプスターターです。

1年前程から購入を考えていましたが、色々なジャンプスターターが様々な価格で販売されていて購入には至りませんでした。
Amazonで探してもこんなに沢山あります。

今年の3月に安価で良い製品を見つけたので遂に購入をしました。
18000mAh/650Aの容量で4000円以下の価格でしたから即購入しました。
現在の価格は、わたしが購入した時よりも1000円程高くなっています。
全く同じ仕様で価格だけが上がっているようです。

これでバッテリーが上がっても簡単に対応することができます。

最近車に乗ることが少なくなったこともあって、バッテリーが上がってしまいました。
早速、ジャンプスターターの活躍の時が来ました。

説明書に従ってバッテリーの端子+(赤)-(黒)にジャンプスターターのブースターケーブルをつないで、ジャンプスターターボタンを押します。
カーアイコンと二つのライトが点灯して起動プログラムになったら車を始動します。
エンジンがかかるとジャンプスターターの電源は5秒後自動的に切れます。
ブースターケーブルを取り外して終了です。

以前なら、バッテリーが上がった車の近くにバッテリーの元気な車を寄せて止めてバッテリーをブースターケーブルでつないでエンジンをかける。
ジャンプスターターはこれだけでエンジンがかかりますから本当に簡単で楽です。
これがあれば安心です。

それから暫く車に乗らなかったら完全にバッテリーが上がったようで、自動キーでドアロックもあかなくなりキーを回しても全くインパネの表示ランプもつかなくなってしまいました。
前回と同様の手順でジャンプスターターを取り付けます・・・・?
ジャンプスターターのブースターケーブルをつないで、ジャンプスターターボタンを押してもカーアイコンと二つのライトが点灯して起動プログラムになりません!
カーアイコンが点滅したままでエンジンをかけることができません!
エッ・・・どうして?

調べてみます。
前回と違うのは完全にバッテリーが上がっていることです。
ジャンプスターターボタンを押して起動プログラムになる条件はブスターケーブルの+(赤)-(黒)の接続が正しい事です。
弱ったバッテリーでも何ボルトかの電圧はありますから、接続したブースターケーブルの電圧か電流の方向をみて+(赤)-(黒)の接続が正しいことを検出して接続が正しければ起動プログラムに切り替わっているようです。
切り替わる際には“カッチ”と音がして起動プログラムになりますから、リレーが動作していると思います。
今回はバッテリーが弱りすぎて電圧がブースターケーブルにかかっても+(赤)-(黒)の接続の正誤を判断するリレーが電圧・電流が不足している為に動作しないと思われます。

ブログの内容を動画にしました。

実際にテスターでバッテリーの電圧を測定してみます。

1.9V位しかありません。

ジャンプスターターが何ボルトの電圧で+(赤)-(黒)の接続の正誤を判断をするのか調べてみます。
安定化電源を使ってジャンプスターターに電圧を少しづづかけて何ボルトで+(赤)-(黒)の接続の正誤を判断をして起動プログラムになる電圧を調べます。

徐々に電圧を上げていきます。
実際のバッテリーと同じ電圧1.9Vでは+(赤)-(黒)の接続の正誤を判断をして起動プログラムにはなりません。
電圧2.0Vでも起動プログラムにはなりません。


更に上げていくと2.1Vで+(赤)-(黒)の接続の正誤を判断をして起動プログラムになりました。
予想通りの結果でしたので、1.9Vしかないバッテリーにジャンプスターターをつないでも起動プログラムになるように乾電池を使って2.1V以上の電圧をかけることにします。

模擬的に同じ状況を作って試験してみます。
安定化電源を1.9Vに設定して弱ったバッテリーに見立て、ブースターケーブルを接続します。
単三電池8本が入った電池ホルダーから電圧をかけて起動プログラムになるのか確かめます。
予定通りに動作しましたので、実際のバッテリーにつないでみます。

問題なく起動プログラムになりジャンプスターターから12Vが出力されましたので、キーを回してエンジンを始動させます。
無事エンジンがかかりました。

これで弱り切ったバッテリーでもジャンプスターターを使用できることがわかりました。
しかし+(赤)-(黒)の接続の正誤を自動判断させないで、強制的に起動プログラムに移行させるために自分自身で確実に+(赤)-(黒)の接続を確認して行わないと大変危険です。

もし、この方法で実施する場合は自己責任で行ってください。

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください